• 木の家株式会社
森の家

Yさんの特別なキッチン

キッチンメーカーのキッチンは、使いやすさやお手入れのし易さを考えて作られていること、そして工場で大量に作られるためお求めやすい価格であるのが魅力です。しかし無垢の木に囲まれた内装にキッチンメーカー品を入れた場合は、扉材やキャビネット材の素材がドアなどの無垢造作材と比較されることになり、特に印刷材を使ったキッチンは違和感を感じさせることがあります。そのため当社のお客様は天然木を使ったキッチンを探すことになるようです。しかし、天然無垢材を使用したキッチンは非常に高価格です。
木の家では希望されるお客様に造作材と同じ素材を使い当社職人が加工製作するオリジナルキッチンを提供しています。

パースを描いて打ち合わせを進めます

キッチンは家の設備のうちで最もこだわりのある場所です、そしてキッチンでの過ごし方は人それぞれ異なるものです。住む人にあわせて特別なキッチンを作るにはキッチンメーカー品を購入するよりずっと長い時間がかかります。
Yさんの希望は、コンロ下のキャビネットには鍋類を取り出しやすくするためオープン棚にしたい。コーナー部分はワゴンにして取り出し、さらにその奥も固定棚にして収納を増やしたい。食洗機は海外赴任時に便利に使っていた60センチ幅の大型サイズがいい。食洗機はシンクの右側が使いやすい。アイランドの作業カウンターはキッチン側には皿などが入る収納を、テーブル側にはテーブル上に引き出せる調味料入れが欲しい、などでした。
木の家では、希望に合わせたキッチンを設計するのと並行して詳細な3Dモデルを作成いたします。打ち合わせ時にはこの3Dモデルからパースを取り出してこれから作るキッチンを把握していただくようにします。

木の家の職人が作ります

キッチンの設計が終わると当社の職人によりキッチンの製作が始まります。この家で使われる造作材と同じ種類の木を使ってキャビネットと引き出し、扉が作られます。カウンターは製作図に作り金属加工業者に注文します。クッキングヒーター、食器洗い機、レンジフード、水栓などビルトイン機器を購入します。ヒンジやソフトクローズレールなどの金物を用意します。そしてすべての材料が揃ったら再び職人により組み立てられます。
そして上の写真がお引渡し後のキッチンです。けっして贅沢なキッチンではありませんがこの家の雰囲気に似合うキッチンが出来上がったと思いますがいかがでしょう?

この記事が気に入ったら「いいね!」してください