施工例・小牧の家

小牧市街・準防火地域に建つ木の家です。恵まれた敷地を利用して大規模な床下収納スペースを持つ平屋建てとしました。この敷地はふたつの道路に接しており、道路が交わる角度に沿って寝室ゾーンとリビングゾーンを配置してあります(直角ではありません)。そしてふたつのゾーンを結ぶのが玄関スペースです。
 

大きな空間を高い断熱性能でまるごと冷暖房

リビングルームに入るとその広さと高さに驚かれることと思います。そして玄関から廊下、このリビングダイニングまで仕切りがありません。
このようなオープンな間取りを持つ設計が弊社の特徴です。
この家には、広い空間をまるごと冷暖房できるだけの断熱性能を与えてあります。たとえば屋根の厚さをご覧ください。屋根たるき(下地材)の材高は28.6センチです。このふところ厚さを利用して高性能断熱材を充填し、通気層を設けてあります。